忍者ブログ

おじさんのドラマレビュー2

テレビドラマ再放送、DVD映画レビューを扱います。 過去の記事は別ブログの引っ越しでカテゴリーはつながってないです。

映画「硫黄島からの手紙」DVDを見る

「父親達の星条旗」との2部作。監督のクリントイーストウッドは日本側からの硫黄島の戦闘も描いてみたい、と思ったとか。

1944年6月太平洋戦争中日本本土の防衛拠点の硫黄島に、栗林中将が赴任してきた。兵士に気配りをし今までの司令官とは違う栗林に、兵士の西郷らは希望を抱く。海岸線の塹壕堀をやめ、島中にトンネルを張り巡らし、新しい考えで防衛線を企画する栗林に古参の将校達の反発を招くこともあったが、理解者のロス五輪の馬術競技の金メダリスト西中佐もいた。
ついに1945年2月にアメリカ軍の上陸が始まる。圧倒的な数のアメリカ軍。しかし5日で終わるといわれた硫黄島の戦闘は1ヶ月近くも続くことになる・・・。

日本人の兵士達はすべて日本語で話している。しかしアメリカ映画というのも不思議な感じ。しかも日本側から見た硫黄島の戦闘や、日本人の考え方を表現している。日本人の監督がなぜこういう映画を撮れなかったんでしょうか。
参りますなー。クリントさんはすごい。





PR

Comment

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

フリーエリア

最新コメント

最新トラックバック

プロフィール

HN:
khtatu
性別:
男性

バーコード

ブログ内検索

P R

Copyright © おじさんのドラマレビュー2 : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]