忍者ブログ

おじさんのドラマレビュー2

テレビドラマ再放送、DVD映画レビューを扱います。 過去の記事は別ブログの引っ越しでカテゴリーはつながってないです。

クロサギ

<ネタバレあり>
第6回
黒崎に「あなたが好きなの」と告白したた氷柱だが、黒崎はそんな氷柱にアパートのたまった家賃の督促状を送りつける。そしてその思い聞かなかったことにすると冷たく言い放つ。氷柱の黒崎への思いに気付いたゆかりは、氷柱の気持ちを確かめようとするが、氷柱は本心を隠す。
黒崎はいつものように桂木からシロサギの情報を買う。今回のシロサギは佐多博道。12年前、数十億の巨額詐欺事件で捕まったシロサギで、今は「にしきさらづ共済組合」の理事長をしている。
しかしこの共済組合というのは表向き。その実態は悪質なマルチ商法まがいの詐欺で、資金の運用をせず何も知らない組合員から10億以上の金を騙し取っているのだ。黒崎は、ファンドマネージャーになりすまし、同じ町のつぶれかけた信用組合の経営者の息子に巧みに取り入り、委任状を取り付け、佐多にその信用金庫の買収話を持ちかける。
一方、神志名も佐多を追っていた。所轄違いのシロサギ・佐多を追う異常な行動。神志名のシロサギに対するこだわり。それは神志名の生い立ちに理由があった・・。神志名は佐多に近づく黒崎を見つけ詰問するが、桂木から神志名の生い立ちを告げられた黒崎は神志名に逆に神志名のこだわりが生い立ちに有るのをつき反論する。おもわず黒崎を殴る神志名。それを見つけて止める氷柱。黒崎は佐多をクロサギにかけることを宣言する・・・。
神志名は佐多を引っ張る理由を探していた。町の警察署長も組合に出資をしており、佐多の件には消極的だったからだ。神志名はその町中でのみ出資を募れない信用組合の規制に目をつけ、隣町の住民に聞き込みをして、にしきさらづ信用組合に出資をしてないかしらみつぶしの捜査をする。そして遂に隣町に出資をしている住民を見つける。そして佐多の逮捕状をとる。しかし黒崎はその前に佐多から金を引き出していた・・・。

今回は神志名のこだわりの理由がわかりました。そして氷柱とゆかりの微妙な鞘当。氷柱の一途でまじめな面が、ちょっと硬すぎるようなところも出して堀北真希ちゃんが好演してますね。山下君は軽い感じだけど、思いっきりの悪という感じは出さないので、詐欺もそんなに嫌な感じじゃなくうまく演じてます。(逆にいえばあざとい作りか??)
哀川翔さんは甲高い声で刑事らしくないのだけどそういう作りなのか。
PR

Comment

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

Trackback

この記事にトラックバックする

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

フリーエリア

最新コメント

最新トラックバック

プロフィール

HN:
khtatu
性別:
男性

バーコード

ブログ内検索

P R

Copyright © おじさんのドラマレビュー2 : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]