忍者ブログ

おじさんのドラマレビュー2

テレビドラマ再放送、DVD映画レビューを扱います。 過去の記事は別ブログの引っ越しでカテゴリーはつながってないです。

チャンネル銀河で「おんな太閤記」を見る

終盤あたりをみております。
・・唐入りと鶴松の死、そして秀頼の誕生と、秀次の失脚あたり・・伝統的な淀君、光成、大野治長悪役というう位置づけ。紋切的かとは思いますがわかりやすく、橋田さんらしく秀吉、ねね、なかあたりの家族的なやり取りが中心になっております。
江と比べれば古めの描き方ですが江のストーリー的強引さはありません。(ガッツさんあたりの忍者グループはちょっと笑えますが・・ここらは橋田さんの限界か)
なんと言っても佐久間良子さんの格調高さ、存在感が濃い。西田さんもこのあたりになるとまあちょっと軽さは残りますがよいのでは。

PR

Comment

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

Trackback

この記事にトラックバックする

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

フリーエリア

最新コメント

最新トラックバック

プロフィール

HN:
khtatu
性別:
男性

バーコード

ブログ内検索

P R

Copyright © おじさんのドラマレビュー2 : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]