忍者ブログ

おじさんのドラマレビュー2

テレビドラマ再放送、DVD映画レビューを扱います。 過去の記事は別ブログの引っ越しでカテゴリーはつながってないです。

トップセールス最終回

<ネタバレあり>
第8回(最終回)
SUBの支店長となった久子は成績の悪い店舗の建て直しに成功。社長の推挙で次の社長となるが、専務の山村は面白くない。
1995年、対米強硬派の高村雅之と会社を守りたい柴田隆男は、アメリカ製の部品の購入目標をめぐる交渉になった日米自動車交渉の裏舞台で対決する。
社長になってから客との距離を感じ、自分を広告塔としか会社が見ていないと感じた久子は、これからの生き方を悩み始めていた…。(以上、公式HPを参考にしました)

SUBの支店長になった久子は成績の悪い店に過去の自分のやり方でアドバイスをし、顧客のクレームを抑え建て直しに成功します。そして現社長の推挙で次期社長になるのですが実はそれはマスコミ対策のお飾りだった。
社長になり、マスコミ対応に忙しい久子。再び同じ支店の成績が悪くなった事を気にした久子はつい現場に口を出してしまいますが、専務からクレームをつけられてしまいます。
しかし久子の発案で、車のショーに顧客を招き、直接に客から意見を聞くというアイデアで再びSUBは評判になりクレームが減ります。
そしてそのことで久子は再び現場へ戻る決心をします。

えーっとこの背景に日米自動車交渉もあり。何とか決着はするのですがそれとからめての久子の話。結末はちょっとまあドラマらしいかな・・。リアルさが・・?と思いましたが、まあ久子らしい決着では。
この流れがドラマ冒頭の、現在は自分の会社の車ではない車を進める話しをしてしまうということにつながるのか・・。なるほど。

やっぱり夏川さんのうまさ、いい感じで久子像を作っていると思います。
そう当時の出来事とからめてのドラマ作り。出来は上々です。

資料提供(でもモデルといっていいでしょう)の林久子さんの勤めていたホンダの当時のヒット車種ホンダN360です。(画像はウィキペディアよりお借りしました)
PR

Comment

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

Trackback

この記事にトラックバックする

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

フリーエリア

最新コメント

最新トラックバック

プロフィール

HN:
khtatu
性別:
男性

バーコード

ブログ内検索

P R

Copyright © おじさんのドラマレビュー2 : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]