忍者ブログ

おじさんのドラマレビュー2

テレビドラマ再放送、DVD映画レビューを扱います。 過去の記事は別ブログの引っ越しでカテゴリーはつながってないです。

僕の歩く道

<ネタバレあり>
第6回
動物園で輝明は進歩を見せ飼育日誌が書けるようになる。驚く古賀。
都古が動物園を辞める前日、里江が輝明に都古が動物園を明日で辞めることを話す。無表情の輝明。そしていつものように都古へはがきを書く。
翌日都古は古賀に輝明のことを頼む。都古は古賀が自閉症のことをよく知っているのではと聞く。古賀は自分には自閉症の息子がいることを話す。そしてそのことをどうしても認めることが出来なかった。離婚してからは会っていないと話す。そして夕方、一緒に帰る輝明と都古。いつもの木の前でいつものように別れる。
数日たち、大竹家、明日は動物園の休日。里江は輝明に明日はチキンカレーを一緒に作る?と聞くが、輝明は都古の家に行くと言う。里江は都古は結婚しているから今までのようにしょっちゅうは行けないのと話す。輝明は納得してない様子。
翌日輝明はりなに都古の家の住所を聞く。
都古は料理をしていると、いきなり輝明が尋ねてくる。驚いてどうやってきたのか聞くとりなが書いた道順の紙を見せる。河原が帰ってくる。輝明に座ったらと言うが、輝明は立ったまま。都古が河原のいる動物病院へ行かなくてはいけないのと言う。輝明はどうしてと聞く。河原さんの動物病院で働いているから。河原さんと結婚したから、結婚っていうのは、ずっと一緒に仲良くしようっていう約束することなの。私は、河原さんと約束したの。と輝明に話す。無表情の輝明。
帰宅した輝明はいつものように手洗いとうがいをする。里江が都古ちゃんのところへ行ってきたのと聞く。輝明は行かないと言う。都古ちゃんのところにはもう行かないと繰り返す輝明。心配そうな里江。
動物園、マレーバクの説明文を読み勉強している輝明に古賀が輝明の父のことを話し掛ける。輝明は父は2003年に死んだという。古賀は抽象的な質問をしてはいけないと気がつき、お父さんと遊んだの?と聞く。お父さんはお仕事です。お父さんとは遊ばないと繰り返す輝明。古賀は自分の息子のことを思い出す。妻に言われても仕事中だと嘘をつきなかなか自宅に帰らない自分を・・。
動物園から帰るのが遅くなった輝明に秀治が何をしてたのか。残業と聞く。輝明は何度も手洗いとうがいを繰り返し食事をしようとしない。里江はというつめないようにと秀治に言う。りなは都古さんの家に行ってから様子がおかしいと話す。
輝明が自分の部屋に帰った後、都古から里江に電話がかかってくる。(つづく)
PR

Comment

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

Trackback

この記事にトラックバックする

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

フリーエリア

最新コメント

最新トラックバック

プロフィール

HN:
khtatu
性別:
男性

バーコード

ブログ内検索

P R

Copyright © おじさんのドラマレビュー2 : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]