忍者ブログ

おじさんのドラマレビュー2

テレビドラマ再放送、DVD映画レビューを扱います。 過去の記事は別ブログの引っ越しでカテゴリーはつながってないです。

DVD映画「夕凪の街、桜の国」を見る

(夕凪の街)
原爆投下から13年後の広島。そこに暮らす平野皆実は、打越に愛を告白される。だが彼女は、原爆で父と妹を失い、自分が生き残っているという事が深い心の傷になっていた。そんな彼女の想いを打越は優しく包み込むが、やがて皆実に原爆症の症状が……。
(桜の国)
半世紀後。今は東京で暮らす皆実の弟・旭は、家族に内緒で広島の旅に出る。そんな父を心配する娘の七波は、ひょんなことから友人の利根東子と共に、旭の後を追って広島へ向かう……。
以上GOO映画より

原作は広島在住、こうの史代さんのコミック。こうのさんの一家は被爆者ではありませんが家族の助けを借りて昭和30年代の取材を行い、コミックス化したそうです。
原爆投下時の描写はごく短時間のイラストで描かれています。反戦の訴えは押さえられたものと思いますが、瀕死の皆実さんの
「原爆を落とした人は私を見て『やった、又ひとり殺せた・・』とちゃんと思うてくれとる」
と言うつぶやきが痛切です。

映画は原作を忠実に映画化しており、若干の設定変更があるだけ。原作で暗示されている、旭と打越の再会シーンも、台詞を加えてわかりやすくなっています。そのシーンのために皆実のなくなる場所を移動させていること、その瞬間に打越もいるということに変更されています。

しかし原作の雰囲気はまったく損なうことなく映画化されており、特に皆実の麻生久美子さん、フジミの藤村志保さんが抜群に素晴らしい。
昭和30年代の広島の河畔のバラックのセットがリアル。CGはまったく使われていない(と思う)。
久々に心に残る映画でした。

勝手につける点★★★★★(満点は星5個)・・・素晴らしい

映画「夕凪の街、桜の国」

原作コミックス「夕凪の街、桜の国」
PR

Comment

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

フリーエリア

最新コメント

最新トラックバック

プロフィール

HN:
khtatu
性別:
男性

バーコード

ブログ内検索

P R

Copyright © おじさんのドラマレビュー2 : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]